水難事故から子供を守るために親ができることは?

川遊びは、子どもにとって楽しい遊びですが、危険も伴います。親は、子どもが川遊びをする際に、以下のことに注意する必要があります。

  1. 水位や流れに注意する。 雨が降ると水位が上がり、流れが速くなります。子どもが川に入る前に、必ず水位や流れを確認してください。
  2. 子どもから目を離さない。 子どもは、川遊びに夢中になって、危険な場所に近づいたり、深いところに足を踏み入れたりすることがあります。子どもから目を離さないようにしてください。
  3. ライフジャケットを着用させる。 子どもは、ライフジャケットを着用することで、川遊び中の事故を防ぐことができます。子どもには、必ずライフジャケットを着用させてください。
  4. 川底の危険物に注意する。 川底には、岩やガラスなどの危険物が沈んでいることがあります。子どもが川底に足を踏み入れないようにしてください。
  5. 日焼け対策をする。 川遊びは、日焼けしやすいです。子どもには、必ず日焼け止めを塗り、帽子をかぶらせてください。
  6. 熱中症対策をする。 川遊びは、熱中症になりやすいです。子どもには、こまめに水分補給をさせ、休憩をとらせてください。

これらの注意点を守ることで、子どもの川遊びを安全に楽しむことができるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました