詐欺と特殊詐欺の違い

詐欺と特殊詐欺は、基本的には詐欺の一種でありますが、用語の使用や範囲において異なる側面があります。以下に、詐欺と特殊詐欺の違いを簡単に説明します。

  1. 詐欺(Fraud)
    一般的な定義
    詐欺は、欺瞞や虚偽の手段を用いて他人をだます行為全般を指します。これには様々な形態が含まれます。
    例: インターネット詐欺、クレジットカード詐欺、不正請求、なりすまし詐欺などが一般的な詐欺の例です。
  2. 特殊詐欺(Advance Fee Fraud
    一般的な定義
    特殊詐欺は、被害者に対して前払い料金を請求する詐欺の形態を指します。被害者は何らかの事前の支払いを行わされ、その後に詐欺師が姿を消すか、何らかの約束や商品が実現されないことがあります。
    例: オレオレ詐欺、預貯金詐欺、還付金詐欺、融資保証金詐欺、キャッシュカード詐欺盗(窃盗)、仮想通貨を使った特殊詐欺などが特殊詐欺の一例です。

簡単に言えば、特殊詐欺は特定の詐欺の形態であり、一般的な詐欺の一部と見なされます。他にも様々な詐欺の形態が存在するため、具体的な詐欺の内容によっては、「特殊詐欺」以外のカテゴリに該当することもあります。要するに、特殊詐欺は詐欺の一種であり、広い範囲の詐欺の中で特定の特徴を持つものを指す用語となります。

タイトルとURLをコピーしました